exhibition〈 一語一衣 〉第 5 話




第 5 話 

夜という名の街 

「月へ」「街の人々」 

{ 衣 } 屑繭焔色老女二衣 






“「 待たせたな、小さな客人。ここまで地上に近づいたのは空で転んで以来だ。さて、ワタシと話したいとは、いったいなんのことだ?」”



(「夜という名の街」より )






“「 このランプの持ち主って誰だかわかる? 」


 双子はまじまじとランプを眺めた後に顔を見合わせて、互いにランプを指差した。


「 戻れないね 」


と青目の子が言うと、緑目の子も、


「 戻れないね 」


と言った。”



(「夜という名の街」より )






“「 この、ランプ、は、となりの、家、にいる、わたしの、娘、のもの、だわ 」


「 その子の、名前を、教えて? 」”



(「夜という名の街」より )







i a i

{ 衣 } 

屑繭焔色老女二衣






〈 染 〉

 紅花  /  虎杖根


〈 素材 〉

屑繭布  /  大麻古布 “ 明治初期 ”


〈 寸法 〉

上衣 身丈58㎝ / 身幅 51㎝ / 背後丈 18 ㎝

下衣 身丈87㎝ / 腰囲 86 ㎝ / 紐丈 75 ㎝


〈 モデル身長 〉

約154 cm









〈 i a i より 〉


屑繭布は、

汚れや穴あき、出殻、浮きしわ、薄皮などの副産物

又、繭の糸口を見出す為にしごきとった緒糸(きびそ)

繰り終えた繭にとどまった繭繊維(びす)などの短繊維を紡いで絹紬糸になる。

要するに、生糸をとるのに適さない不良な繭。

その絹紬糸には個性光る節があり、木綿のように素朴な質感を生む。

屑繭布は製糸・紡績工程でどうしても出る副産物を再利用した糸で織られている。

かすかに、陽にさすと光沢を感じとれ生地がとても軽い割に透け感はない。

私が今、最も愛するお蚕さんの息吹がひそむ布。






第 5 話

夜という名の街 

「月へ」「街の人々」 

{ 衣 } 屑繭焔色老女二衣








〈 制作 〉

 i a i

物語 こじょうゆうや

写真 とうめい







〈 受付終了 〉

こちらの衣と物語のご購入受付は終了いたしました。

ありがとうございました。



exhibition〈 一語一衣 〉は

第 6 話へ続きます。




とうめい

とうめいは、 信州佐久、満月をあらわす名をもつ里に きまぐれにあらわれる空間です。